FC2ブログ

私のマイカー

私の愛車をご紹介します。



どうですか?すごいでしょ?
あ!見間違わないでください。日本ではほぼ見慣れない運転すると確実にスピード違反になりそうな赤い車の後ろに少し写ってるのが私の車です。
しかしこの赤い車なんていう車なんだろ?
スポンサーサイト

日曜にお休み頂きました。谷口

11月と言うのに未だに暖かく夏の気分でいる谷口です。
さて美容歴がついに40年を迎えます。美容師は皆さんもご存じのように日曜日に休みを頂くことが出来ません。
日曜日の朝は街が静まり返り、テレビ番組までがいつもと違う穏やかな中を仕事へと向かうにはそれだけで体力と気力が削がれます。
holday.jpg

日曜日は稼ぎ時と昔から決まっておるのですが、最近は平日のほうが忙しく思えます。そこで思い切って日曜に1日お休みを頂きました。
私も40周年記念で功労者特別休暇が欲しいのですが、一応人気者の宿命か中々休みがもらえません。
そこで「たった一つのお願い」聞いてもらいました。
日曜日のお休み。

ゆっくり目覚めて、まったりした雰囲気の中モーニングコーヒーを飲みクラッシク音楽に癒される。
現実は・・・・・朝早くから町内会の溝掃除でした。
家にいるのに出ない訳にいかず、ドロドロになりながら溝掃除をしました。

なにも溝掃除の時に休みなんてトホホだよ!

芸術の秋

先日ピアノコンサートに行ってまいりました。
img_featuretop.jpg
ロシアのピアニスト、バレリーアファナシエフ、本名はワレリー・パヴロヴィチ・アファナシエフと言って日本読みではバレリーになるそうです。小説も書くえらいお方のソロピアノコンサートです。
シンフォニーホールには初めて行きましたが、ずーっと昔にサントリーホールでクラッシックコンサートへ行ったときは皆様正装だったので今回も1年に一回くらいしか着ないスーツを着て行ってまいりました。しかしジーンズ姿の方もチラホラしていて少しテンションは下がりました。

私自身が今年の4月からピアノを習い始め4カ月で楽譜全部弾けるようになったのです。しかしなんでもそうなのですが、弾けるようになり、ビィーズのスタッフが動画撮影をしろとうるさいので、撮影してみたらなんともお粗末な演奏でした。何でもそうなのだと言ったののには、皆さん何となく「ピアノが弾けるようになりたい。」と口にしますが、私は確かにベートーベンピアノソナタ月光を弾けるようになりました。しかし他の曲を弾くことはできません。つまり月光を弾くことが出来るようになっただけでピアノを自由自在に弾きこなせるようになった訳ではないのです。月光を弾けるようになってからがスタートなのです。これからテクニックを上げてスキルを磨き研究して磨きをかけて日々鍛錬をして創ってゆく。そうです私はようやくスタートラインに立ったのです。

自分がピアノを弾いている姿を動画で撮影してみたところ聞くに堪えない様があまりにも悲しく、そして本物のピアニストの引いてる姿を見てみたいと思い、急きょwebで「ピアノ、月光、大阪、月曜日」で検索したところ、10/8日(月)がヒットしました。
祝日と言うのもありほぼ満席状態でした。気が向いたらコンサートレポートします。

月光の次は悲愴と決めていたのですが、ここ数日テンションが下がってきました。なぜなら下手だからです。聞くに堪えない演奏でしかも途中で突然止まる。間違える。しかも引いてる姿や指が綺麗でない。何といってもどこかずれている。いつか必ず磨いて動画アップします。

あ、そうそう同じ時期に同じ意味合いでスタートラインに立った人がもう一人います。当店の石川ですが、美容師の国家試験に見事1発合格しました。彼女も私のように今後数十年間美容の修行の道を進む美容師としてのスタートラインに立ったのです。スタートラインに立つのに3年、そしてそれからが永遠に続く長い道のり。残念ですが私は40年美容師として修業してますが、まだピアノが弾けると同じ意味合いの美容家にはなっていません。そんな意味合いを理解出来たことも含めて今回のピアノを習ったことは意味がありました。
今回石川が受けた美容の国家試験の合格率が50%でした。難しかったのか?とにかく石川おめでとう。

タイトルは腰痛、写真は素敵な夜景さてこのつながりは?



海の日の連休いかがお過ごしでしたか?海の日と言えども猛暑ならぬ酷暑のためわざわざ海へ紫外線を吸収しにお出かけの方も少ないと思います。現に海水浴へお出かけの客足は非常に減っているようで、確かに異常気象なのか外出も控えめになってしまうのもうなずけます。

6月19日の大阪北部地震、そして7月の集中豪雨と天変地異が続いて心中穏やかではありません。実際に私も身体に爆弾を抱えて毎日仕事をしております。

前置きが長くなりましたが、今回のタイトルと写真のつながりが全く連想されないと思いますが、まずはこのタイトルからご説明します。
身体の爆弾とは私は美容師を40年間続けてきて少しずつ脊椎の間隔が狭くなる「脊柱間狭窄症」という病に冒されていたのです。長い間ひざが痛く、タダ単に加齢と思っていたのですが、実は脊椎の椎間板が神経を圧迫して足の至る所に症状が出ているのです。
見てもらっている病院の先生からは手術を勧められたのですが、手術の前に何か打つ手はないかと相談したところ改善するかどうかはわからないが、投薬とプールでの運動を進められているのです。

そこで写真ですが、私が毎週3回を目標に仕事が終わりプールに行くのですが、写真の場所わかる方いますか?
ここは交野の健康ランドことイキイキランドなのです。
夜になるとプール入り口の前庭がライトアップされて中々素敵な雰囲気をかもし出してくれます。
仕事とプールで疲れた私を穏やかなこの雰囲気が癒してくれます。
長い間美容師を続けると言う事は自身の健康管理も大切と言う事です。
お一人でも私を指名してくださるお客様がいる限り美容師をやり続けようと考えていますが、さて何歳まで出来るのでしょうか?


私のコンサート会場(思いっきり予定です。)見つけました。

 
皆さんゴールデンウィーク如何お過ごしでしょうか?私は最近のはまり物「ピアノ」に夢中です。休みの日は午前に2時間、午後に2時間そして夜から2時間の合計6時間の練習をこなしています。昔から熱中すると激しいタイプなのでベートーベン第14番嬰ハ短調作品27-2幻想曲風ソナタをしっかりと特訓中です。

特に誰かと賭けをしたとか、いついつまでに出来る様にならなければいけないとか、走れメロス的に誰かのためにひた走っているとかそんなんじゃ有りません。ただ火がついた。それだけです。

ところで上記にあげた曲ですが、何でも薄く広く知っている谷口のぺらい知識でお知らせしますと、ベートーベンは曲に題名を付けるのを嫌ったそうです。曲の題名で先入観をもたれるのを嫌がったそうですが、しかし何処かの誰かが勝手に「月光」と名前を付けた時からこの曲は月光として世界的に有名な曲になったそうです。その名づけの親は勝手に「スイスのルツェン湖の月光の波に揺れる小船のようだと」表現してから月光という愛称が付いたそうです。このドイツの詩人「ハインリヒ・フリードリヒ・ルートヴィヒ・レルシュタープ」と言うめっちゃ長い名前の詩人がそう思って表現しただけで全世界に広がったなんて、もの凄く驚くんですが?だって今みたいにTVや携帯、フェイスブックとかツイッターなんて無いし、19世紀中ごろつまり1830年ごろの事です。拡散お願いします~なんていったってその村だけで噂は消えそうなのにハインリヒ・フリードリヒ・ルートヴィヒ・レルシュタープって人の影響力はもの凄いものだったんでしょう。実際このおっちゃんはもの凄い権力の持ち主で、フランクフルトで音楽評論の独占権を持った人だそうです。だからこのおっちゃんが「月光」って言うと世界に拡散~~~ってなるわけですね。

音楽なんてまったく興味が無かったのですが、ピアノで弾いているうちにこの曲はベートーベンがどんな気持ちで作曲してどのような歴史を刻んできたのか気になってくるから不思議ですね。そんな曲にチャレンジしている私も悠久の歴史の沢山の音楽家達の一人として数えられるのでしょうね。←絶対に無い!

私も拡散おねがいしま~す的に人の心に残るためにはコンサートを開かなくてはいけません。そして表題のコンサート会場を見つけてきました。今は明かすことが出来ませんが、某高級会員制ホテルのラウンジですることに決めました。誰もが憧れる「白いピアノ」。当然まだ現地の関係者と契約は結んでません。なぜなら「月光」が難しすぎるためにコンプリートが未定なのです。(笑)

がんばりますよ~By Taniguchi

生活パターンを変えてみる

皆さんは毎日の生活に飽きることはありませんか?私は変化を求めるのが好きなほうなのですが、ここ10年間くらいは平凡で毎日が単調な生活をがんばってやって見ました。

何にでもチャレンジしてやりたいように生きて後悔の無いようにしたいタイプでした。しかしその生き方も多少飽きてきて派手な生き方から単調な生き方へシフトし10年を振り返って見て思うことが、月日の流れが速すぎてしかも単調すぎて何も思い出に残る衝撃的な出来事が無いことです。

行動的に生きていたときは沢山の困難や達成感が有り、いろいろな人との出会いも自分の行動とともに増えてきたものでした。しかしこの10年間は人との出会いも少なく友達も少なくなりました。そこで今年から生き方を変えてアグレッシブなまでに行動派になることにしました。

まずはヘアスタイル。


見苦しいデカイ顔がぼよよ~んとご迷惑だったかもしれません。
パーマをかけました。
生物学上私の一族は毛が薄いの毛があるうちにいろいろなスタイルを楽しまなければいけません。もったいないからです。
ヘアスタイルを変えて、先日から趣味も変えています。
前回のブログで報告しましたが、ピアノです。
今までは走ったり泳いだり自転車に乗ったのですが、脊柱間狭窄症になり手術を余儀なくされています。だから今はトライアスロンはお休み。今の病状が回復したら思いっきり走ることとして、脳みそです。
脳を鍛えておかなければ地方になってしまいます。そこでピアノです。
毎日練習を重ねて、一つ山を越えました。
右手と左手がバラバラに動くようになりました。
見ててください、ベートーヴェンピアノソナタ月光第一楽章を弾けるようになりますよ。
ご来店の際は私の髪をみて笑わないでくださいね(笑)

趣味にピアノが増えました。


もうすっかり春になってきました。
卒業のお客様も一段落し、ズーッと昔からやっておきたかった「ピアノ」を習う事にしました。しかし私の場合はピアノレッスンというよりも、ある曲を弾けるようになりたいだけです。
写真の曲、ベートーベンピアノソナタ月光です。
休日の昼下がりにピアノを習いに行くなんて、ステキな感じですが、人生の習得すべき課題の一つとしてやっておきます。(笑)
うまく弾けっるようになったら美容室で引こうかと思ってます。

12月はDecemberです。



なんとも寂しそうな写真ですが。これは先日枚方市駅で待ち合わせをしている時に、たいへん暖かくぽかぽかな感じだったので公園で日向ぼっことうたた寝をしようと思い、目の前にあった落ち葉をiphoneで撮影したものです。
秋深まる落ち葉を撮影したのですから、暖かな陽気のイメージではなく寂し気で寒そうなイメージをiphoneで撮影し、写真加工できるんだから驚きです。

しかし12月。心の中は寂しさと、哀愁と、黄昏が交錯し私はきっと将来に希望の持てない初老の老人のように公園で「うたた寝」をしていたに違いないです。

12月はDecemberと言うのですが、ってかみんな知ってると思いますが、なぜDecemberと言うか迄考える人は少ないと思います。
そんな無駄なことを考えてしまうのが谷口なのです。
結果古代ラテン語では10番目の月という意味で、昔は3月スタートだったらしくそれから数えて10番目の月ということですね。

どうでもよい事ですが、私には大変重要なことなのです。
まるで1年が10カ月どころか、5カ月くらいしか無いような勢いで1年という歳月が流れてゆきます。
読書をしても、映画を観ても、身体をシェープアップしても何をしても時間がもったいない。
そんなイメージの歳の流れです。

今年の1年を総括するかのような今回の記事ですが、新しい技術をデビューさせるためにまだ表面に出ていない準備を淡々とこなしてきたような1年でもありました。
来年は驚きの技術メニューを発表したいと思います。まだ企業秘密ですが、早々にはお知らせすることが出来ると思います。
なんて言ったって、トリートメントで髪の癖を落ち着かせることが出来て、髪も傷まず艶が出るし、しかも毎日のお手入れが楽ちんになるトリートメントなんて他店でやってるところは少ないと思います。だから秘密なのです。(笑)

Decemberは10番目の月。iphoneも10(X)が出て私も新しいも好きなのでXを買おうと考えていますが、何のことかわかりませんが来年は素敵なお知らせが出来ることを予告しておきます。

束の間の休息

元、万博公園の今は「エキスポシティー」へ孫と一緒に行って参りました。
私の娘は2人とも30歳を超えていて、2人の娘と2人の孫といってきたのですが、
fc2blog_20171121185227287.jpg

なんだかこの組み合わせ。
変な気持ちになりました。
孫が自分の娘のような気持ちになり、そばにいる本当の娘は「誰?」そんな気持ちになりました。
まだ孫がいる自覚がないみたいです。

それよりも、娘たちに何もしてあげれなかった気持ちのほうが強く出ました。
まぁそんなもんでしょう。

今日は美容とはまったく関係のない話ですが、この年になると仕事しかすることがなく、本当に時々孫と遊べるのが日常と違うことで楽しかったりします。

今、私の長女は入院して手術を受けましたが、元気に回復しています。
今の間に孫を私に馴らしておいて、もらってこようか(笑)

レトルトカレーが熱い

秋も深まり、皆さんはお元気にお過ごしでしょうか?
先日よりビィーズのホームページがクラッシュして全滅状態でした。
そして私は不眠不休の普及作業をしていたら、鼻水全開、くしゃみ多発、しかも毎日鼻血が出ると言う急激な体調の変化を起こしております。

ようやくなんとなくホームページも回復してきて、常時SSL化というなんだかめんどくさい作業も終わり、無事にホームページはクラッシュして更に身体もクラッシュしました。

私はそんな中最近カレーにはまっております。
何気に見たテレビで「大阪スパイスキーマカレー」と言うのが美味そうだったんですが、早速買ってきて家で作ってみました。



2秒で家中インドの香りになりました。
なんともいえない不思議なカレーでした。
2度と食べないと思っていたのですが、3日後無性に食べたくなり、今では週2で食べております。

皆さんも一度チャレンジしてみては?

たまにはお買い物

先日仕事帰りに家の途中にあるスーパーにお買い物に寄った時。

凄いもの発見しました。

fc2blog_201702051031445b0.jpg

お買い得品なので真剣に買おうかと思いましたが、

fc2blog_2017020510312492c.jpg

流氷の天使クリオネが売ってました。

北海道産だそうです。

あれから何度か行ったのですが、それ以来売ってませんでした。


あ!私はおじいちゃんだったんだ!

そのまた昔、私の娘がビィーズで働いていました。もちろん美容師として。

そしていつの間にか結婚して、子供が出来たんですよ。

先日誕生日プレゼント何が欲しいと聞いたら、高級なカットとパーマとカラーが欲しいと言ったのでプレゼントしてあげました。

その時小さな子供を連れてきたのです。

S_4918323550825.jpg

なんだか普段は人に懐かないのに、私にはとっても懐いてくれました。

あ~~考えてみたら孫だったんだw

めちゃくちゃ頑張って若作りしてますが、孫を目の前にするとやはりおじいちゃんになってしまいます。

娘も可愛いけど、孫も可愛いね。

もっとたくさん遊びたいし、本当はこのまま連れて帰りたい気分じゃった!

本当はうれしいくせに!

先日朝、お店に行くまでに珍しく空を見上げたのですが、なんとも綺麗な青空!

最近あまり見ない青空に遅刻しそうになるくらい見とれていました。

fc2blog_20161019192748676.jpg

私は今月で37年美容師を続けて、そして38年目に突入しました。

これまでの長い間美容師を続けて本当に理解不能なことがありましたのでご紹介します。

10月17日当店のスタッフのAyuさんが誉れ高きフォトコンテストで素晴らしい賞を取ってきてくれました。

なかなか難易度が高く、美容業界では一目置かれているフォトコンテストなのです。

37年美容師をやっていて私は色々コンテストにチャレンジしましたが、この賞は取っていません。



まぁなんですわぁ~。

ふつう~こんな時は笑顔で写真に写りますよね!ピィ~スしたり、やった~したり、ガッツしたり。

しかしこの人普通じゃないんですわw

何かつまらないことでもあったのでしょうか?私は表彰式には行かなかったのですが、この無表情なAyuさんの写真に思わず悩んでしましました。(笑)



京都の一流ホテルでセレモニーが行われたのですが、立派なパーティーであったそうです。

まぁ私の後輩達(元ビィーズの卒業生と現在淡路店のBeadsメンバー達)も何人かこの賞を頂いてきました。

最近では2年前に退職した垣谷さんももらってきました。
こちらの記事から
ちりこKHA


彼女も地道に4~5年がかりでゲットしましたが、Ayuさんの場合2年目でゲットですよ。

普通この場合なら「やった~」の方ですよね。小さくピィ~スより最低でも「ガッツ」ちゃいますか?

歴代の先輩方もみなあり得ないばかりの笑顔で「ガッツ」や「ばんざーい」などで写真を撮っていましたが、彼女は普通じゃないというか、大物なのでしょうか?

おそらく緊張のあまり笑うことを忘れたのかもしれません。

もしかしたら7日後に控えた着付の講師の試験を考えると笑うことが出来なかったのかもしれませんね!

あ!もしかしたら「月9ドラマ」に間に合うか心配だったのかもしれません。

いぁいぁパーティー形式のブッフェタイプの立食パーティーで歴代の有名美容師さんや当然ビィーズのOBなどがたくさんお見えになります。

そして「おめでとう!」と皆さんが祝辞を述べてくれたそうです。

しかし彼女はやったーとかガッツとかはなかったようです。

不思議ですわぁ~w

誰かAyuさんが笑ったところ見たことありますかぁ?

考えてみたら彼女笑っところ見たことないかもしれませんね・・・私・・・・

38年美容師やっててコンテストで賞を取り「無表情」初めて見ました。

後日彼女からお話を聞いたら、、、、、、、

「名前を呼ばれて壇上に上がるとき、側にいるはずの当店のスタイリスト森山が突然居なくなり、ハンドバックを預ける人が居なくなりどうしようかと瞬間的に悩んだそうです。」

森山はどこへ行ったのか不明ですが、Ayuさんは不安だったのでしょうね・・・・・

確かに皆さんが表彰されるとき誰も手持ちカバンを持っていません。

前代未聞の手持ちカバンを持ったままの状態で賞状やトロフィーを受け取ることを考えると少々どころか、大変不安になります。

それを考えるとAyuさんは心を固く閉ざしたのかもしれません。(笑)

しかし彼女「本当はうれしかった」そうです。

それにしても「小さな喜びですよね(笑)」

嬉しすぎると無表情になるタイプかもしれません。(たぶん)

しかしおめでとうございます。

2年って凄いわほんまに!

なんとも素敵なロケーション

この前の月曜日35度越えているのに自転車で嵐山まで行ってきました。
お客様のお店まで「ハッシュドビーフ」を食べに行ったのですが、たまに食べたくなります。
その帰り道カレンダーになりそうなほど素敵な場所を発見。
暑さで疲れ切った身体を癒すにはこのロケーションは素敵過ぎます。
早速木陰で休むことにしました。



あの木の下にある木陰で休もう



ええ感じや!横になって休むときっと癒されるデ!



ごろんと横になって青空見るでー

しかし涼しくならんなー
あかん!自転車乗って風浴びてる方が涼しいわ!

いままで思ってた木陰としては最高でしたが、涼むには後2時間くらい後が良かったようです。(笑)
結局1日で70KM自転車で走りましたとさ!

夕焼けがきれ



何年ぶりだろ?

マジマジと夕日なんて見たの。

綺麗だわ。

昔は夕日を見ると寂しい気持ちになったのに、今は綺麗だと思ってしまう。

心が元気なのかな?

石川とデート

この日の講習は午後2時からだったので、一緒にランチをしようと言うことで、石川と2人で今後のヘッドスパについて話し合いました。こじれたおしゃれなレストランでランチをしたのですが、毎回のごとく石川は写真を撮るとこんな顔をします。





その後森山がアイスコーヒーだけ飲みに行きました。

舞妓さん本物?偽者?

最近暖かくなってきて春って感じになってきました。
先日は京都でお勉強会があり、その帰りにすこし京都観光をしてまいりました。
京都には講習に出かけることは多いのですが、近くに住んでる割には観光をしたことが無く何気に観光してきました。
さすがは観光地!
舞妓さん発見!
一応許可とって撮影!
夕方だったので本物の舞妓さんと思われる。

しかし、観光客の舞妓さん体験であることがさすが美容師谷口はわかるのです。
京都は変身舞妓さんというのが大変多く見間違うくらいに沢山歩いています。
ではなぜ偽者とわかったのか?
特別にお教えしましょう!
以前私は舞妓さんの着付けする人のことを「男衆(おとこし)」と言うのですが、
一時期憧れて男衆になりたいとまで思った美容師なのです。
結局いろいろあってならなかったのですが、一応j簡単に舞妓さんのことは普通の男性よりは知っているのです。

一緒に写真も撮ってもらいました。(笑)
では、見分け方その1
舞妓さんの着物は通常の着物と違い通常の帯は3.5mくらいに対して舞妓さんの帯は何と6m50以上もあるそうです。
その長い帯を後ろでだら~りと垂れ下げているので「だらり」と言うそうなのですが、この両名はだらりになっていました。しかし決定的に違うのは裾です。
振袖はオハショリを作りますが、舞妓さんは長い着物が特徴です。引きずって歩く感じなのでおはしよりを作らないのです。
本物の舞妓さんの着る着物は通常の着物より遥かに長く必ず左手で裾を持って歩いてはるそうな。
彼女達は左手が遊んでいて、道を歩く舞妓さんはもう少し大きめの荷物を持って歩いているので、おててがだらりとはしていないのですよ。
見分け方その2、
舞妓さんは地毛を使って髪を結うのですが彼女たちは一部地毛でした。
顔周りは地毛、後ろと上の方はかつらと言う鋭い仕様になっていました。なかなか見分けが付かない本物志向ですが、美容師谷口は騙されません。
髪飾りも本物はかなりの高価な品で、ほぼ手作りだそうです。
彼女達は「ぶら」という向かって右にぶら下がっているかんざしが差してあります。
これは舞妓さん1年目の方がするかんざしですが、一年未満の舞妓さんは下唇にしか紅をぬりません。
よって紅は姉さん舞妓、飾りは新米舞妓とちぐはぐな点があります。
見分け方その3、
立ち振る舞いや歩き方。
さすがにお座敷のプロでございます。
置屋からお座敷に向かって颯爽と歩いていきます。
当然私と写真など撮ってくれません。(笑)
しかもここ清水辺りにはあまり出没しません。
上七軒、祇園甲部、祇園東、先斗町、および宮川町の5つの花街で出没している舞妓さんは本物ですね。
清水あたりで出会った舞妓さんの中でも最強に本物に近い変身舞妓さんでしたが、とっても可愛く写真を撮ってもらうときも笑顔で受け答えしてくれました。
本物でも変身さんでも京都の風情を高めてくれるので良いのですが、変身舞妓さんの中にはお粗末な仕様もありせっかくの京都の格式を下げるような商売はやめて欲しいと思いました。
プロの美容師が見ても見分けの付きにくいほどに騙して欲しいそう感じました。
しかし、この両名本物だったらどうしよう(笑)


公園で筋トレしてブランコ乗ってたら警察きた(笑)

一年のうちに数回しかない祝日と月曜のコラボレーション。

天気も良く、暖かい3月21日は朝から気持ちがよかった。

コメダコーヒーでモーニングをして、枚方市内の団地の公園で筋トレをしてきた。



まぁ鉄棒などぶら下がれる場所があれば懸垂をするのですが、今日は病み上がりで体調もいまいち。

3回くらいしか出来なかった。

ついでに久しぶりにブランコに乗ってきた。



正直、祝日の午前中、オヤジがブランコに乗って遊んでる姿をベランダから見ると通報されそうですな。

いぁこの後警察着たし(笑)

職質はされなかったが、2台のバイクでやってきて1分くらい止まって我輩を見ていた。(笑)

やっぱ怪しいよねゲラゲラ

孫なのです

我輩も一応おじいちゃんなのです。

たま~に孫と会うのですが、正月会ったとき、上の孫は誰かにさらわれる勢いで我輩から逃げまくったのに、
今回は何故かなついてきました。
娘が言うには「奇跡だそうです。」

20160308234449ee7.jpg

人になつかない気難しい性格だそうです。

娘と同じ性格では無いですか(笑)(笑)

年に数回しか会わないのですが、こんなに懐いてくれると可愛くて仕方がありません。

しかし良く考えてみると、お店に来る可愛い子供も我輩に懐いてくれると可愛くて仕方が無いので、もしかしたら懐いてくれれば誰の子でも可愛いのかもしれん!

難しい問題だ(笑)

工芸茶とクラッシック音楽と午前のヒトトキ

久しぶりに何も予定が無い休日を過ごしました。
今、お店のホームページを変更中で、今回の連休の1日目は午前中ホームページの更新をしていました。

何となく穏やかな午前中だったのでクラシックを聞いて(我輩はクラッシックが好きなのです。)
曲目はモーリスヴァレルのボレロです。

同じリズムが数回も続く音楽ですが、心落ち着きます。

そして、お茶を飲みながらってな漢字で、工芸茶なるものを飲んでみました。



画像をまとめたのですが、左の上から。

沸騰したお湯を必ず使うのですが、温度が低いと花が開きません。

5分もすれば「愛の水中花」←古~~~~

ミントの香りがほのかに香る洋風のハーブティーの味です。

くずはモールのルピシアというお店に売ってます。

ほんの150円位ですが、穏やかな午後に似合う感じですね。