FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週間分の過剰摂取は3500㌔カロリー

ダイエットや綺麗になる為のブログはビィーズの井戸端会議にまかせて、私は本来のビィーズの谷口ブログに戻すことにしました。いささか自由度が増し書き易くなって嬉しい今日この頃です。

さて、今年は台風がお盆を直撃するのは数十年ぶりとの事です。私は今年の夏休みは2回に分けてとることにしました。贅沢にもビィーズのスタッフは夏のバカンスは何と1週間もあります。本当ならば社長の私としては従業員には欧米諸国並みに2週間取らせたいのが本音なのですが、今年に入ってからの人手不足で私も心身ともに疲弊しきっています。新しくスタッフが後3名入店してくれれば、2週間のロングバケーションをスタッフに上げることが出来るのですが・・・・どなたかビィーズで働きませんか?

話を本題に戻し、成人の1週間の過剰なカロリー摂取量は大体3500㌔カロリーといわれています。1日おおよそ500㌔カロリーということになります。私谷口は筋肉肥大を目指し、ゴリマッチョになりたい願望で肉体改造してみたのですが、先ほども述べたように超多忙を理由に1日の目標摂取カロリーには及ばず、筋肉がごっつくなるばかりか、小さくなってきているので大変困っています。私の食事は1日6食、仕事の合間に食べる暇が無く、現在は1日3食も微妙な感じとなっております。

更に私は毎週月曜のお休みには自転車で100kmを走ることを心がけています。というものも、このブログの読者の皆様は忘れた方も、知らなかった方も居るかもしれませんが、私は「トライアスリート」なのです。日夜忙しい合間をかいくぐりトレーニングに励んでいないのですが、(笑)そうです。励むことが出来ないのです。しかし夏の暑い季節になると何故か走りたくなるのです。そして自転車で走っていくのです。

先日もスタッフが梅田の隣の新福島で講習があったのですが、その講習の合間にランチを誘われました。12時に新福島に着くように逆算して、お店を出発!お店では朝早くから撮影会をやっていたので私もチョッと付き合いました。難なく目的地に到着して、楽しいランチタイムです。私はこの自転車往復と寄り道でトータル100kmを走る予定にしています。だから沢山食べなければなりません。一緒にランチを楽しんでいるスタッフとは格段に高いコースを選びました。しかし何故だか少量の気品溢れるパスタが出てきました。

fc2blog_20140730214622a6e.jpg

いぁいぁ、私は本日、自転車で100km走って、それからプールで2時間ばかり泳ぐのですよ!消費カロリーは大体4000㌔カロリーにもなるのに、この量はないでしょ!しかも1500円!不満な顔していると正面のスタッフが写真を撮ってくれました。

皆さん。1週間の過剰カロリーは平均して3500㌔カロリーなのです。私と一緒に走りませんか?簡単に1週間分相殺できますよ。もしくは1日500㌔カロリー減らすとちょうど良いかもしれませんね!


スポンサーサイト

ダイエットオススメ商品

梅雨なのかどうなのか分からないまま、7月に突入して夏休み直前、待ったなし!水着の季節まで1ヶ月を切りました。皆さん素敵にダイエットできていますか?私は近頃は筋トレよりも自転車でその辺を走り回りお腹に付いた脂肪をそぎ落としています。

先月6月29日に私が目標としている徳之島トライアスロンが開催され、無事に終了したそうです。最近スタッフが辞めて、私の予約も沢山増えたり、野暮用が多くて今年のトライアスロン出場は夢と散ったのですが、来年は必ず出たいと誓いだけは立派ななんちゃってトライアスリートとなってしまいました。一生懸命練習をしているかと思いきや、現実は週に1回のペースです。

しかしながら、何故週に1回程度のトレーニングで身体を絞ることが出来たのかとお客様に毎度の事ながら聞かれます。そこで、私のダイエットを支えてくれる「素敵なアイテムたちを紹介するブログ」を書きますと、約束したので早速紹介したいと思います。

先ずは栄養補助食品のプロテイン

プロテインはなんだかドーピング剤のような薬と思っていらっしゃる方が多いのですが、現実私もそうでした。しかし単純に日常の食生活で身体が欲しがっている分量のたんぱく質を食事で補えない場合にとっても有効な補助食品です。そんな中いくつかピックアップしたいと思います。



ザバス(SAVAS) ウェイトダウン ヨーグルト味 1.2 kg

新品価格
¥4,094から
(2014/7/5 20:52時点)




減量したい人にはとっても神様に見えるプロテインです。これマジいいです。私はランニングの前に飲んでいます。
ソイプロテインなので豆から取ったたんぱく質となります。補助的な成分はビタミンA・D・E・B 1 ・B 2 ・ナイアシン・B 6 ・葉酸・ B 12 ・パントテン酸・C・ミネラルカルシウム・鉄・マグネシウムなどなかなか食事で取れないものばかりですので、いい感じです。




DNS プロテインホエイ100 ストロベリー風味 1000g

新品価格
¥3,575から
(2014/7/5 21:20時点)




私のお気に入りです。水でも簡単に溶けて、マクドナルドのマックシェイクバリの旨さです。元々はバナナ味を愛用していたのですが、どうも体質なのかお腹にガスが溜まり易いような気がします。私だけなのか色々な味をさまよいながらストロベリーに落ち着いています。これもすこぶるオススメです。

体重計も大切



TANITA 【国内メーカー初 BLE搭載でiPhone対応 & 人気のiPhoneアプリとも連携可能】 & 【体重50g単位表示】 体組成計 インナースキャンデュアル ホワイト RD-901-WH

新品価格
¥15,907から
(2014/7/5 21:28時点)




体重計で自分を知ることはとっても大切です。体組成計で一押しはこの商品。携帯電話のアイホンと連携が可能なので、アイホンの中でランニングや腹筋などの運動を管理するアプリでも使えるのでとっても便利です。私はアイホンのアプリのランタスティっクという便利なアプリを使っています。そのアプリと連携しているのでちょうオススメなのです。
もっと他の商品を見たいのであれば、こちらから行けますのでゆっくり選んでください。

【からだカルテSHOP】





ランニングのお供に

私の足を守ってくれているのが、ランニングシューズです。ナイキのサイトで自分だけのシューズをカスタマイズできるので嬉しいですね。素材や色、足の幅まで選べるので長く楽しく走りこむのなら、足を大切にしたいものです。

≪公式≫NIKE.COM





まぁ色々ご紹介しましたが、私も自分ひとりでスマートになったわけではありません。結局は沢山のグッズや商品に助けられて痩せてまいりました。営業中にダイエットトークで花が咲くのですが、お客様に色々な商品のレビューをお話しているのですが、忘れるのでブログで見つけ易いようにしてくれとご注文を頂きます。少しでも参考にしていただければ幸いです。では夏本番直前!ダイエット目標達成した人も、目標まで後チョッとと言う人も、もう少しがんばらねば!と言う人も逆に太った人も(笑)海は直ぐそこまでやってきています。素敵な夏の思い出のためにナイスバディーで夏のワンショットをお店に持ってきて私に自慢してください(笑)では、ハッピーダイエット!ゴーゴー

痩せる虎の巻2

毎週月曜日の午前中は用事が無い限りジムでトレーニングをしています。トレーニングの後は必ずプロテインを飲むのですが、今週の月曜日は飲むのを忘れて遊びにいってしまったため翌日に強烈な筋肉痛に悩まされることとなった谷口です。

51f797da992804cfb85fb89f486b321c_s.jpg

お客様に「ブログ読んでるよ」とか「ダイエットの参考になるわ~」とか沢山のお言葉を頂くのですが、現実「あんたの言ってること難しいからわからへんわぁ~」と言う声が多いのも現実です。そこでお客様と約束したのですが、その約束とは「簡単に書く事をお約束しました。一応ブログなので冒頭のコメントやイメージ写真などは載せますが、簡単に理解できて簡単にやせたいのが世の中女性の本音だと思います。

キレイに「ながら作業」で痩せる

手っ取り早く身体のどこかで筋肉痛を起こせば成長ホルモンが出て有酸素運動をすると通常時の1.5倍以上の燃焼効果が得られるらしいです。その方法を利用してドンドン脂肪を燃焼しなければもったいないのであります。手軽な方法としてスクワットをして太ももがなんだか筋肉痛を起こしそうな感じまでがんばり、その後一生懸命フローリングの雑巾がけや窓ガラスをハァハァ言うくらいまで半日家事をするとかなりな脂肪燃焼が期待できるわけです。

日常の生活に組み込む

谷口は大体自転車で仕事に来ています。自宅から職場まで山を2つ越えてきます。初めの頃は当然太ももが筋肉痛になりました。そうです!通勤を運動に変えてやればいいのです。普段歩いていけるのにもかかわらず、車や自転車、バイクを使用している方は、思い切って早歩きで歩いてみませんか?カロリーの消費を大いに期待できます。うちのスタッフのMさんは最近暑いからと言う理由で自転車をやめてバイクに切り替えてしまいました。確かに女性にとって汗は天敵ですが、体の中で代謝が行われている証だと思えば汗も可愛く思えてくるはずです。汗を愛してあげてください。(笑)

ガッツリトレーニングをする。

まぁ女性の中にも思い込んだら真剣に取り組む方もいらっしゃいます。私のブログのきれいなお腹の写真や足の写真のモデルになって頂いている女性は私のお客様です。私の簡単なアドバイスで素敵なボディーを手に入れることに成功した女性です。


美脚

しかし世の中の女性は筋トレをすると筋肉質になり太くなるとお思いではありませんか?大きな間違えですよ!私谷口が真面目にと言っても仕事の合間を見てのトレーニングだから週に1回が限界な状況ですが、ガッツリ筋トレをして基礎代謝を上げてマッチョを目指していますが思うように太くなりません。筋トレをして太くなるためには相当トレーニングを積み食事に気をつけないとマッチョにはなれないのです。大体の人は筋トレを始めると締って見える方向に体が変化していきます。遠慮なく筋トレをしてみませんか?脂肪の無いすっきりとした憧れのボディーを目指し、今ならかろうじて夏に間に合うかもしれません。食事の管理も忘れずに一念発起してみてはいかがでしょうか?今読んでいるあなた・・・・・
きっと出来るはずです。ナイスバディーが貴方の人生を変えるはずです。

先ずは簡単なエクササイズから始めてみるのも悪いことではありません。ご検討を祈ります。



エクササイズ・フィットネスグッズをアマゾンで探す。
フィットネス・トレーニング
Amazon.co.jpで詳細を見る




痩せる虎の巻その1

先日、うちのスタッフからこんなことを言われました。「お客様にダイエットの事をお話していると太ったとき大変ですね」と言われたのですが、激しく同感です。私がご来店頂いたお客様にダイエット話を猛烈にしていて、私自身が「あなた最近太ったわね!」などと言われるとそれは何の自慢にもなりません。私はすでに太ることを許されなくなってきているのです。更に食べながらダイエットを訴えているので、当然スタッフと食事に行くときも食べまくっています。実践が大切なのであります。

5b580930a335bd5018d3312efc0d0a51_s.jpg

では、なぜ谷口は食べまくっているのに太らないのか?それには簡単なわけがあります。今から言うことはとっても大切な「ダイエットの虎の巻」ですのでよ~く聴いておいてください。

(摂取カロリー)-(消費カロリー)

これが基本中の基本です。「そんなもんしってるわい!」いぁいぁ怒らないでください。せめて一度自分の基礎代謝を調べてみませんか?そして1日に摂取しているカロリーを調べてみませんか?先ずはここからなのです。以前に「体重管理の大切さ」でも書きましたが、自分を知ることは大切です。

簡単に何から始めればよいのか?

そこが大切です。運動も嫌い、食べる量を減らすのもいや!と言う人は私と同じようにすれば必ず体重は落ちます。つまりは基礎代謝を上げてしまえばよいのです。基礎代謝を上げるためにはどうすればよいのか?そうです、疑問が疑問を呼んでわけ分からなくなってきたでしょ?先ずやらなければいけないことは自分の基礎代謝を調べること。そして自分の1日の消費カロリーを調べることです。そうすることで毎日痩せる生活をしているのか?どうかが分かるのです。成人男性で1500㌔㌍成人女性で1200㌔㌍と言われています。大体の数値ですが目安にしてください。そして生活活動強度指数を足すのですが、少し厳しい目で1.5倍すれば良いかもしれません。大まかですが、成人男性で1日2200㌔㌍くらい取れば十分です。女性で1800㌔㌍~2000㌔㌍でよいわけです。

間違ったダイエットでがんばっても成果はこれっ位!

皆様がんばってダイエットに励んでいますが、具体的な数値を簡単にのせておきます。思わずがっかりするかもしれませんが、しかしやらないよりやっている方のほうが断然偉いです。がんばって1時間運動したとしましょうね!全て男性の消費カロリーです。参考にしたのは厚生労働省のデータです。
全て消費㌔㌍です。
水泳のクロール1337㌔㌍
水泳の平泳ぎ 700㌔㌍
ジョギング   600㌔㌍
エアロビックス 318㌔㌍
ラジオ体操   287㌔㌍
どんどん減ってきましたね!ここまでで水泳がダントツですね!しかしラジオ体操1時間なんてやる人いるんだろうか?

ウォーキング  216㌔㌍
掃除       172㌔㌍
なんともたったのこれだけですよ、奥さん!困ったものですね。ウォーキングの216㌔㌍なんてケーキ1個ぱくりと食べただけでチャラです。菓子パンなんて300㌔㌍オーバーなんて沢山あるから怖いですね!ポテトチップスなんて60gのサイズで300㌔㌍オーバーですよ。1時間がんばって歩いて、あ~沢山運動したわぁ~ご褒美、ご褒美なんてポテト食べたら、消費より摂取の方が多いので意味ないですね!

体重1キロ減らすためには?

それでは1ヶ月1kg痩せるためにはを考えて見ましょうね。脂肪を1kg減らすためには7,200㌔㌍を消費しなければなりません。先ほどの1日のカロリー摂取量を2000㌔㌍として、7200÷30日で1日240㌔㌍そこから1日の摂取㌔㌍を引くと1760㌔㌍しか食事で取ってはいけないことになります。しかし1日240㌔㌍減らすだけで1ヶ月で1キロの脂肪が燃えるのですから食事で100㌔㌍減らし、運動で140㌔㌍減らせばラクチンなわけです。がんばって1日30分から40分歩いて食べる量を100㌔㌍減らす。結構簡単でしょ。しかしもっと簡単な消費の仕方があるのです。週2回、1日30分くらいのトレーニングで活動エネルギーを増やす方法があります。そのためにもしっかりと自分の身体のデータを知っておきましょうね!






どうすれば痩せるの?

散々すき放題の暴飲暴食、体内のバブルもそう長くは続きません。いつかはバブル崩壊です。バブル崩壊の代償はとんでもなく大きいものとなりました。肥満と高血圧、心臓肥大、血液ドロドロ、中性脂肪いっぱい。などなど成人病のオンパレードとなってしまいました。血圧200オーバー、心臓が頑張りすぎた為に大きくなり、糖尿病も寸前の状態です。意識が途中で途切れる、歩く病人の標本と化していました。そこでついに人間ドックとなったのです。

9c8d3082f2fcfd1097514184d69c5e7e_s.jpg
「写真はイメージ画像です。」

ウエストも100cmにリーチくらいの大きさに肥えた谷口の身体はバブル崩壊の余波を受け、美容師としてもみっともない状態となってしまいました。人間ドックを受けた結果は当然の結果です。ドクターからは口すっぱく運動を進められる。

そこで、ダイエットを決意するのであった。

しかし何をどうしていいのかわからない。先ずはダイエットに関してのお勉強を始めました。兎にも角にも私には時間がありません。ほって置けば死が待っています。回り道は出来ません。確実に痩せる為の道筋を立てなければなりません。

今までの間違ったダイエットの知識を捨てる。

食べないことがダイエットではない。正しいダイエットとは摂取カロリーから消費カロリーを引いて余れば太る、足りなければ痩せる。たったこれだけのことだったのです。「じゃぁ食べなけりゃいいジャン」と思うかもしれませんが、それは大きな間違えです。間違ったダイエットは必ずリバウンドが来ます。今回の私のダイエットには命がかかっています。肥大した心臓を早く適正のサイズに戻し、脂肪に覆い尽くされた身体も適正サイズに戻す必要があったのです。だらだらとダイエットをしていると心筋梗塞や脳血栓になりかねないリスクを背負っています。しかし私の性格上食べることを我慢することができません。

楽して食べながらダイエットをしたい。

なんとも調子のいいダイエットですが、ダイエットのお勉強をすると判ってきた事や、間違った知識に踊らされていたことがわかりました。同時に世の中危険なダイエットをしている人たちが多いのに気が付きました。谷口は肥満のバブルのせいで、高血圧の薬を毎日飲まなければいけない代償を払ってしまいました。

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_s.jpg 
「写真はイメージ写真です」

更に間違ったダイエットをすることによって新たな病気を引き起こしては大変なことになってしまうと考えました。間違ったダイエットだけは決して手をつけてはならない。正しい知識と多少の努力で健康的で美しい身体を手に入れることを硬く心に誓ったのでした。

ダイエットって簡単だったんだ

どうすれば痩せるのか?そりゃー世の中の乙女が固唾を飲んで知りたいことでしょう。当然正しいダイエットのやり方を知っている人は美しく、健康的に痩せています。周りを注意深く見てみれば皆さんの傍にもいませんか?美しく綺麗に健康的な方が。そうです、ダイエットも必要なくしっかり食べて、健康的に毎日を過ごしている方も必ず傍にいます。その方たちこそが答えだったのです。答えは皆さんの足元に落ちていました。あるタイミングで知ったダイエットの基本中の基本を次回の記事でお知らせします。


無知にも程がある食事の怖さ

肥満の時の谷口はウエストは100cmにあと少しと言うところまで来ていました。それもそのはず、当時の谷口の大好物であり、痩せないと信じ込んでいた、食べ物を少し紹介しましょう。

谷口は肉やてんぷらなどの脂っこいものを食べると太ると信じていました。だって油だもん(笑)。その逆であっさりしたものや、手にとって比較的軽いものはやせると思っていました。だから当然菓子パンはおやつでした。(笑)強烈なおやつをご紹介しましょう。

blog_import_535a559153a3f.jpg

今はあまり見かけなくなりました。おいしそうな菓子パンです。しかし、おやつでこれを2個くらいぺろりと食べていました。摂取カロリーは約2000㌔Calをかる~くオーバ~(笑)

blog_import_535a558f9bb84.jpg

こいつも強烈なカロリーです。私の中でメロンクーヘンとチョコクーヘンのコンボは最強のおやつでした。そしてこの小さな物体が成人男性の1日の摂取カロリーに匹敵するから怖い話です。当然谷口はおやつで菓子パン2つ。それ以外に朝、昼、晩とご飯はしっかり食べます。飲みに行く時はこの最強コンボを食べてから居酒屋に行くのであります。理由は簡単。居酒屋で食べ過ぎないように予め食べておくのです。しかし先ほど食べた最強コンボのことなど忘れて、いつもどおりに食べて過剰なカロリーを体内にお構い無しに送り込むのであります。

過剰なカロリーはどうなるのか?座ってしゃべって、たいして身体を動かさないけど止め処も無く入り込むカロリー!そうです。私の体の中はすでにバブル突入の状態です。現代の若者には神話化されたバブルの時代です。人々は皆飽食の時代に有り余るお金。それをそのままカロリーに変えてみてください。私の身体はバブル!ために溜め込むのです。溢れんばかりのインシュリン。これが余計に脂肪へと導きます。

ある日バブルが破裂することも知らずに生み出される脂肪。いい加減に気がつけ!自分の身体が悲鳴を上げているぞ。

ある出来事が谷口を変えるのであった。

続く・・・・・・・

食べ過ぎていた頃の谷口の食事について

最近変なニュースしかない中、典子女王殿下と千家国麿さんの結婚の報道に全国的に幸せに包まれて、その御両人のご結婚がとんでもなく奇跡的であると世間では話題になっています。なぜかと言うと、神話の時代の親子関係から離れて1300年の時を経て今の時代にご一緒になられる。つまり神様と神様の御子孫がご結婚なさるわけで、まぁ凡人の谷口にはあまり詳しくわからないので、とにかくおめでとうございます。記者会見を見ていて、やはり皇室の方の日本語は綺麗ですね。私も出来るだけ正しい日本語をしゃべるように心がけるようにします。

皇室ネタとは打って変わり、big谷口時代の食生活ですが、わかりやすいようにまとめます。

お米

米が大好き、白米大好き。だったのです。麺類も大好き、お好み焼きも大好き。これ全て炭水化物です。しかもbig谷口はお腹がすいたから食べるではなく、食べれる時に食べる主義でした。あの頃の谷口は脂っこいものを食べなければ痩せると信じていたので、おにぎりや、菓子パン、たこ焼きなど糖質の原料のようなものばかり食べていました。週の内数回は外食や居酒屋で暴飲暴食、しかも〆には必ずラーメン。一日の摂取カロリーは恐らく多い日で5000㌔Calはくだらなかったのではないでしょうか?

もったいない的な感情
本来は食べたい時に食べるが基本ですが、食べれる時に食べるは最もダイエットに悪いと思います。いつの間にか自分の心に間違った習慣がついてしまうのです。私は決して上流な家庭での育ちではありません。食べ物にも多少苦労した事がありました。食べ物を大切にしなさいと耳にたこが出来るくらい言われてきました。お腹が一杯でも残したらもったいないので食べる。人が残したらそれまで食べる。次ぎはいつ食べれるか判らないから今のうちに食べておこう的な考えがはびこっていました。残すことは駄目な事と心に染み付いています。

ご褒美的な感情
太っている時は、少しでも空腹を感じるとすぐに食べ物をあさっていました。そして少しハードに動くと「沢山運動したから、ちょっと位食べても大丈夫。ご褒美、ご褒美!」ってな具合で、とにかく自分に甘い。ほんの少しの空腹感がとんでもない飢餓状態に感じていました。ある意味居酒屋等ではテーブルに見事なまでに食べ物が並んでいなくては安心しなかったのです。全てはご褒美なのです。

満腹の感覚がおかしい
食べ放題に行くと何故か、妙な感覚に陥ります。それは「2980円食べ放題もととらな!」と言いながら食べる。身体全体が贅肉で覆われているのだから、胃もすぐに満腹になるのですが、精神的に満腹にはなっていないのです。だからジャンプしてでも胃の中に入れようとする。すでに満腹であるにも関わらず、食べてしまうのです。それはまさしく満腹中枢より食欲の欲が暴走しているのであります。あるだけ食べる、とにかく食べる。満腹の感覚が明らかに壊れていると言う以外他にない状態でした。


和食

食べ物に対しての間違った知識
痩せたい気持ちは沢山ある。しかし肉や揚げ物を食べることにより太ると信じていたので、炭水化物ばかりを食べていた。それがそもそも間違いの元であることに気が付いていないのです。炭水化物は即エネルギーになる凄いやつだけど、動かないbig谷口に過剰な位の炭水化物の摂取量であったと思います。やせると思って食べていた食事メニューに、たこ焼き、菓子パン、うどん、そば、おにぎり等これらは痩せると思っていたのですが、炭水化物+炭水化物のダイエットには一番の敵であったのです。身体を作る基となるものが異常に少ない状態でありました。食べ物に対しての知識の無さが自分を巨大化させていたのでした。

筋肉が取れて、贅肉ばかりが付いてくる悪のスパイラルに突入してしまったのです。・・・・

ダイエットの為の生活習慣改善。

さっそく約束を破り、ダイエットブログの更新(1週間に3記事)をサボったのでした。そして早速記事につまり、涙目になりながら今回の記事「生活習慣」について書いています。

健康的に痩せる為には、生活習慣が大きく関係していると感じている谷口ですが、実際の話、私は痩せる前と後では生活習慣に大きな違いが出ております。生活習慣について何がどのように変わったか?一言で言えば意識が大きく変わりました。

ダイエットには意識がとっても大切です。肥満は結局のところ、成人病はじめ色々な病気に繋がります。私は自分の身体と向き合う事により意識が大きく変わり、生きていく事において適切な体型を手に入れたいと思うようになりました。

ではダイエットにおける意識とはなんでしょうか?簡単に言うと食事、運動、そして生活のリズム。この3つを意識して毎日を過ごすようになりました。その中でもとっても大切なことは、無理をしない事が第一に上げられます。無理をしないと言うことは、無謀なダイエットほど無意味なことはありません。月に1kg程度のゆるいダイエットが成功の秘訣です。意識する大切な3つが狂うと当然病気にかかる確率が大変高くなります。ダイエットに対しての意識とは健康になると言う意識でもあるのです。

1a6dddccae29e888faacf902dba79154_s.jpg

肥満の時の谷口と適正体重となった谷口を比較してみましょう。肥満の頃の谷口をBig谷口と呼び、今の谷口をNow谷口と呼ぶこととしましょう。明らかに違うことは、身体が病気でないことです。そして身体が軽い。しかも軽快に毎日を過ごしている点です。

身体が健康であること。

Big谷口は高血圧、内臓脂肪、血液どろどろ、コレステロール過多、メタボを並べれば全て適合する肥満の教科書のような生きた標本でした。しかしNow谷口はその全てが解消されています。これが先ず凄いことです。健康体になるためには健康的な生活が必要だったのです。つまり健康的に生活のリズムを刻むことで身体が少しずつ健康であった時の状態に戻っていくのであります。

実際にBig谷口の生活は、睡眠時間はばらばら、平均1日4時間。食事も取れる時に取る。身体が必要とした時に取るのではなく、一応取っておく感じでした。さらに運動は美容師と言う職業柄沢山歩いているようですが、万歩計で計測した時もありましたが、せいぜい2000歩と言ったとこでしょう。それ以外の運動はほぼしていない日常でした。

太るとか痩せるとかは、(摂取カロリー)-(消費カロリー)です。これは絶対的な法則なのです。しかし何か体内で異変が起きている場合は病気の可能性も否定できません。現実問題、自分の身体がどうなっているのか調べることも大切です。心臓にかなり負担がかかっているならば先ずは心臓から治すべきだと思います。私は、私の知らない間に長い期間高血圧で生活をしていた為、心臓にかなりの負担をかけてしまっていたようです。疲弊しきった心臓を治し、高血圧の治療をしてから運動を始める。先ずは自分の身体を知ること。自分の生活習慣を知ること。そしてダイエットに取り掛かることが大切だと思います。

次回は肥満の時の谷口の食事習慣です。





体重管理の大切さ

先日の5月5日はこどもの日で祝日と重なる月曜日として美容師にはとってもハッピーなマンデーでございました。そんな休日の前の日は、ついつい遊びに行ってしまいます。まぁ飲むことが多いのですが、いい気になって食べ放題、飲み放題で夜分遅くまでトンデモナイ量のお酒と食べ物を食べてきました。おかげさまで折角のハッピーマンデーは二日酔いとなってしまった谷口です。

さて、暴飲暴食をしても何の心配も無く平然と食べたいものを食べて、そして飲みたいものを飲む。こんな幸せなことはありません。気にして食べているほうが身体に毒です。私は日曜の晩は飲みに行くことが多いので、何にも気にせずに食べに行きます。そのほうがストレスも溜まらないし、むしろ健康的です。

blog_import_535a5c069dfb3.jpg

「髪の毛を思いっきり切っても数十グラムしか体重は減りません。」


しかし体重測定だけは欠かしません。ダイエットの初歩は自分の体重と真剣に向き合うことです。これが出来ない方は概ねダイエットに失敗しています。

やり方は簡単です。朝、晩の決まったタイミングで体重を量り、記録する。体重だけでなく体脂肪もあったほうがなおさら良いです。さらに筋肉量も測ることが出来ればなお良いに決まってます。

第一ダイエットを初めて、自分の体重の変化を気にしないなんて、貯金を始めたのに残高を気にしないのと一緒です。体重が減る楽しみや、増えたときに直ちに対処できるのですが、体重を気にしないということはダイエットしているのにも関わらず意識が低い以前の問題です。

確かに食べ過ぎたときに体重計に乗るのはとっても怖いものがあります。しばらく体重を量らなかった時の恐怖心は夜も眠れないくらいの怖さがあります。増えたのか?減っているのか?心の中は不安でパニックになるくらいです。恐怖を押しのけて、体重を測定するときは、まるで使いすぎたクレジットカードの請求書の封筒を開けて見るときと全く同じ感覚でもあるのです。

正確に自分の身体を知ることから始めなくてはいけません。そして確実に体重を減らすことを意識して、目標を設定しなければなりません。目標は高すぎず低すぎず。急激なダイエットは身体に良くないばかりか皮膚をダブつかせる原因にもなります。リバウンドの恐ろしさもあるので、程々が良いでしょう。

1日を通して自分の体重の変化を知ることも余計な不安を解消する大切なことです。朝と晩では1kg(個人差有り)も違うこともあります。当然同じタイミング計らないと食べた分確実に体重は増えます。もちろん水を飲んだだけで体重はグラム単位で増えます。いぁいぁトイレに行ったビフォアーアフターも当然違うものです。だから朝晩同じタイミングで計測することが大切なわけです。

数グラムの変化で凹まずに長期計画と中期計画を立てて確実にダイエットを成功させるには、生活の習慣が最も大切なわけです。
次回は生活習慣についてお話します。お楽しみに!




ダイエットって簡単特集始めます。

沢山のお客様より、「簡単に痩せてリバウンドしない方法を教えて」とたびたび言われます。もちろんそんなに素晴らしい方法があるなら25年前から実践していますが、ダイエットとは時期とタイミングみたいなものもあります。そこで備忘録的にしかも分かり易く特集を組んでお教えしたいと考えました。


「この写真は私ではありません。あしからず(笑)」

私がこの1年位で体重は約10kg、ウエストは18センチ細くなった経験より私の知っている知識を順を追ってお客様にご提供したいと考えました。当然お客様からの要望も強く、間違ったダイエットをしていることによりリバウンドを何度も経験されている方も比較的成功率の高い方法でお伝えしたいと思います。

なずけて「ダイエットって簡単」特集を組むことにより急げば今年の夏には間に合う可能性も十分にあります。しかし私のテーマとして絶対に忘れてはいけないことは、美容に悪いことはしません。つまり美と健康が最優先のダイエット法です。

写真のお腹は私のお友達です。本来なら私のお腹の写真を貼りたいところではありますが、ギャランドゥーなので脱毛が終わったら写真を載せます。(笑)イメージ写真はきれいな方が言いと思いますので、本人の許可を得て度々ダイエットプログラムに登場していただく事としました。彼女も引き締まった腹筋を目指しがんばっております。皆さんも彼女に追いつけ追い越せでがんばってみましょう。彼女はじめ数人の女性にダイエット成功者として度々ブログに登場していただきます。そして意識を高めみんなで素敵な人生を送りましょう。

いぁいぁ、偉そうな事いいました。一番の問題はブログの更新がしっかり出来るのかという問題でもあります。週に3回の更新はがんばります。そして何よりもただ痩せるだけでは無く、素敵に痩せるのです。

プロローグの最後にこれを守らなければやせません。それは次回に詳しく書きますが、一先ず実行できるのでやって見ましょ。

体重と体脂肪の管理です。朝と夜に一定の時間で自分の身体と対話しましょ。自分の身体の管理は先ず体重と体脂肪の測定からです。見たくなくても勇気をもってしっかりと体重と体脂肪を確認しましょう。体重や体脂肪はもちろん、筋肉量、推定骨量、内臓脂肪量、BMI、身体の中の水分量までしっかりと計測できる優れものです。

谷口お勧めの体重計です。ご参考にしてください。





タニタの健康オンラインショップ体重・体組成計

第三弾!リバウンドのためのダイエット

なんだかリバウンド特集!ダイエットブログになってきたみたいですが、このブログは美忘録です。

美しくなるために記録を付けているものです。

確かにダイエットしてスレンダーな体は全女性の憧れでしょう。

我々男性も細マッチョ、ごりマッチョ好みはありますが、憧れです。

私の憧れは↓



なんとも素晴らしい体です。

これを目指して日に日に努力していますが、さすがにこの体になうと思うと食事を真剣にがんばらなければいけません。

齢50歳でこの体を目指しているのですから人間って凄いですね。

ダイエットを目指している皆さん。

脳みその飢餓状態に続くリバウンドの敵は何と・・・・・

「筋肉の低下」です。

筋肉量が低下すると基礎代謝が低下します。

食べないダイエットを繰り返していると身体の中に入ってくるエネルギーが少なくなり、消費カロリーが上回ると身体は筋肉を分解してエネルギーに変えてしまいます。

筋肉量はどんどん減っていきそれに伴い1日の基礎代謝量まで減ってきます。

するとそれに合わせて食べる量を減らさないと摂取カロリー≧代謝カロリーとなってしまい、あまったカロリーは贅肉となり蓄えられてしまうのです。

最近わが国日本がメタボリックシンドロームに続いてロコモティブシンドロームを厚生省は注意を喚起しています。

身体の筋肉量が少ないために運動に支障をきたし関節や運動機能が低下し寝たきりになると言う恐ろしい状態です。

筋肉とはそれくらい大切なものです。

筋肉量が増えると寝ている間のエネルギーも増えます。

そして脂肪が消費されるのです。

有酸素運動を取り入れるともっと脂肪が消費されます。

一駅歩くとか、車をやめて歩くとか、簡単に生活の工夫をすれば有酸素運動は出来ます。

無理なダイエットで身体がエネルギー不足を訴えているのに食事を控えて筋肉量が減り基礎代謝が減る。

まさに悪のスパイラルに陥るわけです。

ダイエットのときは体重ばかりに目が行きます。

しかし体脂肪率に気をつけるほうが良いみたいですね。

脂肪を減らし筋肉量を増やす。⇒体脂肪率が減ることになる。

すると基礎代謝が増えて太りにくい体質になるわけです。

無理に炭水化物を減らしすぎず、栄養に気をつけて基礎代謝を増やし適度な運動こそがダイエットのリバウンドを撃退するのに一番ふさわしいことだと思います。

Simplog
「玄米を混ぜることによりミネラルの補給に気を使う」

つまり、食べないダイエットではなく食べて適度な運動がリバウンドを防ぐ一番の近道であります。

美容に欠かせないたんぱく質

蒸し熱い夏から秋になり、冬になると乾燥が気になります。ビィーズではネイルを始めて事により、お客様にファイリングのサービスを行っています。爪の形を整えたり、長さを調節したり。お客様が私の手を見て、「綺麗な手ね」とよく言っていただきます。

Simplog
「写真のようなみずみずしい肌は栄養のバランスのとれた食事から」


美しい肌は栄養バランスの取れた食事が必須です。私が気をつけている事は、たんぱく質です。たんぱく質は身体にとっても必要な3大栄養素です。炭水化物、脂質、たんぱく質。

ダイエット中はついつい食べることを抑える事がおおくなります。すると3大栄養素も身体に取り入れることが少なくなります。その状態が長く続くと肌はガサガサ、髪はパサパサ美容には大敵です。お肌も、髪もたんぱく質から出来ています。

通常自分の体重1kgに対して1g。体重50kgの人は50gのたんぱく質をとるように心がけます。ダイエット中の人は特にたんぱく質をとるように心がけましょう。低カロリー高タンパクはダイエットの基本です。美容の基本でもあります。肌や髪の元のたんぱく質をしっかりと取り、健康的で美しい身体作りに励みましょうね。

第2弾!リバウンドのためのダイエット

先日の続きリバウンドのためのダイエット2です。ダイエットは食べないこと。この図式をひとまず忘れましょう。食べないことにより脳みそが飢餓状態と判断してしまうと身体は私達の知らない働きをします。

Simplog
「ダイエット中でも炭水化物の塊のような昼食を取ります。(笑)」

ダイエット中でも当然食事をします。しかも毎回少量の食事を。もしくは食事を抜く、食べない。それがそもそも間違えであります。飢餓状態と判断した脳みそが身体にくだす指示とは。身体に入ってきた少量の食事を出来るだけ身体に蓄えるようにするのです。

しかも運動量を控えるように指示し、基礎代謝まで少なめにしてしまいます。それにより少量食べても体重の変化は見られなくなり、サイズも大きくなる。食べないことにより体のバランスは崩れてきて、体調を崩して結局ダイエット断念となってしまうわけです。

ダイエットの究極は言い換えればリバウンドが無いことが前提となります。脳みそが飢餓状態になることを避ければダイエットは成功します。何といっても食欲と戦わずしてやせることが出来るのです。なんとも素晴らしいことではないですか?私は1日6食。小分けにして食事をしました。

Simplog
「簡単にエネルギー補給が出来るバナナは間食にはオススメです。」
確かに私は食べないこと=ダイエットと思っていました。これが間違えの元、1日の摂取カロリーを小分けにして食べることが脳みそに「今は決して飢餓状態ではありませんよ~」と思わせて絶え間なく一定期間で食料は体の中に入ってきていますよ~と、教えてあげる必要があります。

1日の摂取カロリーをしっかり計算してそれを5回から6回に分けて食事を取ることが身体にとって凄くいいことなのです。ボディービルをやっているアスリートやマラソン選手は1日に8000㌍くらい取る方もいます。マラソンの高橋選手も9000㌍も取るそうです。しかし彼女達は運動量が勝るのでスレンダーな体型です。

しかし私達は普通の生活をしているならそんなに取り必要はありません。私で2100㌍に設定しています。2100を5回に分けて取るようにしています。朝500㌍、昼間での間食200㌍、昼食500㌍~700㌍3時のおやつ200㌍夕食200㌍(夕方6時ごろ)夜ビールで晩酌(350ml2本と簡単なつまみ)500㌍くらい。合計2100㌍ですが、私は晩酌をやめるともっとダイエット効果があるはずです。

しかしここは脳みそのバランスを私流でとっています。私はトライアスロンをやっているので水泳とランニングと自転車に乗ります。だから㌍も消費するのでしょうが、晩酌をして寝る前に食べてるくせにリバウンドがありません。そうです。結果的に1日のトータルの摂取カロリーをお分けして脳みそを安心させてあげることが大切なのです。次は筋力低下によるリバウンドです。

第一弾!リバウンドのためのダイエットをしていませんか?

接客中にお客様からよく質問があります。「ものすごく身体を絞ったね!」そうです。私は昨年の11月より体重8kgウエスト16cmを絞りました。今年の3月に筋肉を付けるべく色々研究しました。なんとも今までの自分の浅はかな考えで”ダイエット=食べない”が常識となっていました。テレビのドラマでも簡単にダイエットは食べないことのシーンが多く、考えてみればそれはそれで正解です。しか~し、リバウンドのためにダイエットをしているに過ぎません。それではいけません。

Simplog

ダイエットとは究極・・・・・摂取カロリー≦活動エネルギーなわけです。こんなことはみんな知っているのですが、だからと言って安易に食べなければ良いと言うものではありません。

リバウンドに多い原因の3つの要素。
1、食べないことによる脳みその飢餓状態。
2、食べないことによる筋肉量の低下。
3、短期間のダイエットによるストレスをためない。私が知っているだけでも以上のことがあげられます。

それでは次回は1、の食べないことによる脳みその飢餓状態を書きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。